スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IS01でICS(4.0.3)が動く。真っ先に未来に...【前編】

あのIS01に有志の手でカスタムロムが作られAndroid2.2 froyoやAndroid2.3 Gingerbreadが
ブート出来るようになったのは去年の話ですがついにAndroid4.0.3 IceCreamSandwichまでもが動くようになりました。



手順もいろいろな所で紹介されていて簡単にできそうなので私もやってみました。
以前にfroyoとのデュアルブートを試したIS01、→IS01のroot化 + Android 2.2化(froyo化)
BB01.00.07、IS01 rooterでroot権限奪取済の機種でやったことです。

長いので続きます

1.使ったもの
・root取得、Android1.6と2.2froyoとのデュアルブート化していたIS01 BB07
・IS01向けICS ROMイメージ(作者の方がtwitterで上げています。)
  今回はICSonIS01_20120126.tar.gzを使用
・Android 4.0.3向けのGoogle Apps 
  こちらから

2.手順
・ICSonIS01_20120126.tar.gzを展開してsystem.ext4.gzとubi.imgを取り出す。
 その2つをIS01のSDカード直下(/sdcard)にコピー。またgapps_ics_4.0.3_v10.zipも同じ場所にコピー
----以下はIS01単体での操作----
・IS01 rooterでroot権限取得
・ターミナルエミュレーターを起動、以下のコマンドを打つ
 (基本的にはICSonIS01_20120126.tar.gzの中にあるReadme.txtに書いてある通りですが一部違うそうです)

$ su
rm -r /data/guest
# mkdir /data/guest
# mkdir /data/guest/data
# mkdir /data/guest/cache
# mkdir /data/guest/gapps
# gunzip -c /sdcard/system.ext4.gz > /data/guest/system.ext4

 ここでファイルが展開されるので暫く待つ。次の行の#が表示されるまでは待つ(数分)
 続けてコマンドでイメージをリカバリ領域に焼く

# flash_image recovery /sdcard/ubi.img

 そのままスワップファイルを作成

# dd if=/dev/zero of=/data/guest/swapfile bs=1048576 count=256
# mkswap /data/guest/swapfile

 終わったらリブート

# reboot recovery

 これでリカバリ領域から再起動され、ICSで起動します。
 初回起動時には少し時間がかかりました。無事起動すると初期設定の画面に。


感動した・・・

ICS状態で困ったことといえばroot権限がとれていないので自力でやる必要があること、
カメラなど一部機能が使えないこと、IS01のハード性能が残念なので動作が遅いことくらいです。
rootは手順を踏めば権限を取るのは簡単なので暇な時にでもやろうかなとは考えています。

次の記事でICS起動後の設定画面などの画像を
後編へ続く...
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

suをとって、
# flash_image recovery /sdcard/ubi.img
をうっても、なんかエラーを吹いて出来ません
プロフィール

boudai

Author:boudai
愛知県・名古屋の某大某学部
に通っています。
2013年はユーロ円の売りで
爆損スタートになりました。。。
→06/20 ロスカット敗退しました。。。
学校も2留しています。。。
→14卒で就職は決まりました。卒業は未定です。。。

N大は糞

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。