スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWの勉強時間

結局ゼロ時間でした。
漫画たくさん読んだりポケモンのバトルタワー挑戦とかやってしまいました……


しかしただゼロ時間だったわけではなく、机の整理やノートの準備などは済ませ
いつでもやる用意はばっちりです

去年のテキストの日付を見てまだ安心している始末…



でも今日から始めるぞー

スポンサーサイト

4月25日の勉強時間

今日から勉強を始めるといいましたが今日の勉強時間は0時間でした。

明日から本気出す

今日から公務員試験の勉強を始める

昨日4月24日に平成24年度の名古屋市職員採用試験の要項が発表された。
というわけで本日からその対策のための勉強を始めようと思う。
私は筆記試験で一般教養しか必要のない「行政一般」という区分で受験する。
試験日は一般教養の筆記試験が6月24日という2ヵ月後。
こんな直前に始めるなんて舐めていると思うかもしれないが正直心の奥底では舐めているのだと思う。
なぜかというと昨年の試験では大して勉強時間をかけなくても筆記試験は通過できたからだ。
しかし今回は正直2ヶ月という時間では厳しいと思ったのが要綱を見てからの感想である。

去年と比べて採用試験の内容や配点に変更点があったのでまとめておく。
一般行政区分について
1.採用予定人数
 これはH23が115人採用予定の137人合格(採用ではない)
 H24では105人採用予定と若干減少している。しかし一昨年の水準に戻らなかったのは良かった。
2.配点
 H23では一次試験210点、論文+面接の二次試験840点の合計1050点
 H24では一次試験600点、↑と同様の二次試験が2400点の合計3000点と点数の母数が大幅に増加した。
 これは点数の細分化でより細かく順位付けするためなのだろうか。
 ちなみに私は昨年の二次試験の面接で大失敗して合計得点が350点/1050点という散々な結果だった・・。

そしてもう1つ、私にとっての大幅な改悪といえる変更点が以下の変更である。
3.問題数の変更
 H23では
 知識分野(社会科学、人文科学、自然科学)<35 問中30 問 選択>
 知能分野(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈)<30 問 必須>

 H24では
 知識分野(社会科学、人文科学、自然科学)<35 問中30 問 選択>
 知能分野(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈)<20 問 必須>

という知能分野の出題数減少である。
知識分野というのは高校の内容レベルの社会科目や理数科目、知能分野は数的推理や判断推理など
俗に言う「公務員試験といえばこれ」という感じの論理問題などである。

私は知能分野が得意だった。昨年はそちらを主に勉強し、スーパー過去問ゼミの判断推理と数的推理を
短期間でやりこんで本番の試験ではその2分野では1,2問しか落とさなかったのを覚えている。
それが今年は10問も減ってしまい、確実に取れる問題が少なくなってしまったのだ。
知識分野は正直暗記科目でありいまさら高校時代の世界史や政治経済の内容など
覚えていない、覚えられないという弱点となってしまった。
一次試験は7割取れれば通るといわれている。昨年は少し緩く、6割強でも通っていたみたいだが
今年は配点の変更からボーダーが上がるのではないかといわれている。
知識分野・知能分野の割合からも、時間をかけて勉強している人のほうが通りやすくなっているともいえる。
それは当たり前なのだが・・・

まあそんな感じで試験日まで2ヶ月を切ったのでそろそろ身を入れて勉強を始めようと思う。
去年やってるから余裕!と重いながらずるずるここまでやってこなかったのだ。
とりあえずは去年やっていたスーパー過去問ゼミ2冊と地上500問をやるのだが
知識分野は地上500だけではカバーできないのでそのあたりも問題集も調達してこようと思う。

一般企業の就職活動はぜんぜんうまくいっていないので、何とかして公務員に採用されなければ未来が危うい。
ゲームはしばらくやらないようにしてしっかり勉強しようと思う。

公務員試験で一発逆転を狙っている人はいっぱいいるはず
みんな頑張ろう

就職活動

ES提出済み
・東芝
・三井住友銀行
・NTT西日本

ごめんなさい
・東芝

結果待ち
・三井住友
・NTT西

公務員試験受験予定
名古屋市
国家公務員

名古屋市職員採用試験の一次試験に通ったー


名古屋市職員採用試験は事務職、試験区分で言えば行政一般、法律、経済と分かれていますが
採用試験の構造はどれも同じで、6/26に一次試験(教養+専門の筆記試験)
これに受かれば二次試験として7/24に論文試験、8月上旬に面接試験が待ち構えており
おおよそその結果で採用か否かが決まります。

私は工学部在学ですがこの文系職、事務職ともいえる採用試験を受験しており、
先日一次試験合格を確認しました。

そして控えているのが論文試験でありますが、論文試験の日に提出する書類があり、
それが今私を悩ませている種なのです。

何を提出するのかというと、「自己紹介カード」という一般企業で言えばエントリーシートのような物。
経歴や趣味、などを記入していくのですが中でも書くのにこまるのが

「直近4年間で最も力を入れて取り組んだこと及びその結果」

という欄と

「自由記入欄」

という欄です。
まあ「直近4年間で~」のほうはESでもよくある項目なのですが、私は大学に入学してから勉強もまともにせず、
サークルや部活動にも参加せず、アルバイト以外は自宅の自室で自堕落に事務的にインターネットや
漫画アニメゲームにうつつをぬかす毎日を過ごすのみでした。
アルバイトの方は入学当初に始めたものを4年生の現在まで続けており、それを題材に書こうかな~とも
思うのですがどうにも話を広げられず、筆が進まず提出日である論文試験日があと4日と迫っている現在でも
草稿に四苦八苦しているところです。

まあ健全な大学生活を送った人ならば「サークルでみんなをまとめてうんぬん」とか
「部活動で毎日練習に励みついには全国大会にうんぬん」とか書けちゃうのかもしれないですが
勉強では落第し家と学校を往復する毎日の私にはそういったことは一切無く、困ります。

しいていえばパソコンやスマートフォンを買いあさったり、比較的安く地デジレコーダー+ロケフリのような
PCを導入したりと自己満足の末にできた環境な頑張った結果として言えるかもしれません。
ただ何を頑張ったのかといえばアルバイトを頑張りお金を稼ぎ、そういったものに注ぎこんで完成させた
ものなのでなんとなく不純ではないのか、話が浅いんじゃないのか、ただお金を使っただけだろ
みたいな自己否定に苛まれ結局没になってしまうのです。記入例が見てみたいものです。

また自由記入欄も困ります。昔から題材が自由な作文などではその発想能力の貧困さからいつも
悩み結局適当な分を書き連ねたもので妥協していた私なので、何でも好きに書いていいと言われると
何を書いていいのかまったくわからずこれまた草稿の段階で白紙になっています。
まあおそらく定石としては「直近4年間で~」にからめて名古屋市職員として何がやりたいか、など
志望動機につなげた文言でアピールするような文章を作るのだろうと思います。

両方できていない私としてはどの試験よりもこの自己紹介カードを埋めるほうが難しく感じたりします。
その証拠に論文試験の対策もまともにできていない・・・

まあ結局最終的には夏休みの最後の日に溜まった宿題に追われる中学生のように困りながらぎりぎりで書き上げる
のだとは思いますが未だ経験がない採用試験の面接で何を突っ込まれるのだろうといまのうちから杞憂に思って
いるうちは本気で考えていないのじゃないかと感じたりもしています。
本当に、私は追い込まれないと動かない体質なのです。

まあそんなこんなでまだしばらくは自己紹介カードに付いて考えていくつもりです。
学校の定期試験も真っ最中なのですが、それはもう諦めてリソースは9割を2次試験に向けています。


経歴のところに「中退予定」と書こうか、とりあえず「卒業見込み」と書いておこうか迷うううううううう
正直に行っても「中退?中途半端なやつだな」と思われてマイナスになるだろうし、卒業見込みと
書いておいても、もし採用された後に中退しましたっていうと「え?君は卒業見込みも考慮に入れて
雇ったんだからそれなら採用やめね」と言われたらどうしようとか、どちらにしてもマイナスになりそうなこの2択

後悔を先に取るか後に取るかで私の中の良心も悲鳴を上げています。
ただの自己紹介カードなのに準備期間が1週間と短いため、何よりも重く私の双肩に乗りかかっています・・・。


なんとしてでも公務員になって安定生活を手に入れたいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!
プロフィール

boudai

Author:boudai
愛知県・名古屋の某大某学部
に通っています。
2013年はユーロ円の売りで
爆損スタートになりました。。。
→06/20 ロスカット敗退しました。。。
学校も2留しています。。。
→14卒で就職は決まりました。卒業は未定です。。。

N大は糞

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。